雲のやすらぎマットレス デメリット

雲のやすらぎマットレス3つのデメリット。買うと損!?

雲のやすらぎマットレスのデメリット

雲のやすらぎマットレスは値段もう高額で、欲しくてもどうしても購入にとまどってしまいます。

 

雲のやすらぎマットレス
そして実際に買ってみたら想像もしていなかったデメリットがあったりもします。

 

今回は雲のやすらぎマットレスを購入して後悔しないためにも事前に把握しておきましょう。

 

  • 移動が困難
  • 干せない
  • 通気性がいいと逆効果も

 

移動が困難

 

雲のやすらぎマットレスは縦横の幅は一般的ですが、他のマットレスと決定的に違う所があります。

 

それは厚さです。

 

これは最大のメリットでもありますが、どうじにデメリットにもなりえます。

 

雲のやすらぎマットレス

 

厚さは27cm。

 

どうじに重量などもそれなりにありますので、模様替えなどの際は少し手間ですね。

 

干せない

 

これはマットレスでは当たり前かもしれませんが、もちろん干す事は厳しいです。

 

この場合はマットレスを立てかけるだけでも結構ですので、こまめにメンテナンスしていきたいですね。

 

通気性がいいと逆効果も

 

雲のやすらぎマットレスは通気性がいい反面、汗などの水分も下層におちやすいです。

 

それを長い間放置しておくとカビの原因にもなります。

 

先ほどお伝えした「立てかけてカビを防止する」というのも効果的ですが、同時に行いたいのがすのこを敷く事。

 

雲のやすらぎマットレス

 

これだけでもかなり改善され、立てかけてカビを防ぐという行為もそこまで頻繁に行わなくても済むようになります。

 

やはり厚みがあって重量もそれなりにありますので、お年寄りの方は特に最初にすのこを敷くというのは大事な部分だと思います。

 

以上、雲のやすらぎマットレスのデメリットでした。

 

私自身このマットレスを愛用してからは腰痛と不眠に関してはかなり改善され、とっても快適に過ごせています。

 

これらデメリットに注意し、一生涯使えるよう大切にしていきましょう。

 

 

雲のやすらぎマットレス